清潔感あるオフィスでお客様をお迎え

会社での打ち合わせで、大切なお客様を清潔感あるオフィスでお迎えをすることで好印象を与えられます。

売主と買主の夢の実現

建物を購入を考えていらっしゃる方の多くは、建物を購入することに不慣れなはずですので、購入金額やローンの返済の可否に関することでいっぱいになってしまいます。そのため、仲介である不動産業者様がアドバイスをすることでお客様からの信頼を得られ、後々のトラブルなどを避けられます。また、物件の売却をスムーズに行うことは売主側のお客様にとっても最大のメリットとなります。

このページでは外壁塗装をすることでの売主樣、買主様へのメリットをご紹介していきます。

中古住宅の外装の必要性

建物を購入した時、予算を組む時に建物の購入と内装の費用に充てることが多くなります。これは建物をすぐに使用できるように内装リフォームを行うことが挙げられます。外装に関しては購入した時のまま使用するか、酷く損傷した箇所のみを直すだけという方が多いそうです。

しかしながら、建物の外装部分に関しては、建物自体を保護するために重要な役割を果たしております。

塗装を例に挙げると外壁などを塗膜が覆うことで紫外線や水などから保護する機能があります。

こうした塗装などのメンテナンスを定期的に行うことで建物は長く使用することができます。

逆に言えばメンテナンスを怠ってしまうことで建物の耐久年数は短くなってしまいます。

せっかく購入した建物ですから長期的に使用したいはずです。

購入した建物が数年としないで雨漏りが発生してしまったというトラブルもあり、きちんとメンテナンスを行うことはとても重要になります。

  中古住宅販売に関すること  

中古住宅は売りに出してから実際に売れる期間の間、人が住んでない状態になります。場合によっては売れる寸前まで住んでいることもありますが、それはごく稀な状態です。

そうした期間が長い場合、売却を決めてから一日や一週間で決まるとは限りません。一年以上の年月を経て売却されることも想定されます。

その間、建物は使われていない状態ですので、住んでいる時よりに比べて劣化の進行が早くなります。そのためにこまめに換気を行うことや、草取りなどをしてお手入れをすることが必要となります。

こうしたお手入れは中々お時間が取れず、疎かになってしまうことがあり、放置されてしまうことが多々あります。そのため、ご近所から不満が上がり、御近所トラブルに発生することもあります。

販売する建物の景観の維持は販売を早める要因にも繋がります。実際、販売する建物が放置された空き家の状態で内見を行っても、購買意欲には繋がりません。第一印象はとても重要ですからきちんと建物の美観を保つことを心がけるようにすることが大切です。

中古住宅の購入に関すること

中古住宅の購入後、購入した建物が数年で雨漏りなどの不具合が発生してしまった事例があります。せっかく購入した建物に不具合が出てしまうと想定外の出費が発生してしまいます。

こうしたことを防ぐために、きちんと建物の状況はきちんと把握しておくことが大事になります。

売主様、不動産業者様の両方で築年数や前回塗装の年数をきちんと把握して、建物に関する資料はまとめておくと売却の際にスムーズに情報の共有ができます。

この情報は買主様にとっても重要な情報になります。今後使用する建物がどんな状態であるのかきちんと聞いておくことで今後のメンテナンスの目安になります。長く建物を使用するために、定期的なメンテナンスは重要になります。外壁塗装は10年に一度が目安と言われております。定期的な塗装などを行って、なるべく長く建物を使えるようにしましょう。