高圧洗浄

外壁塗装工事を行う際に高圧洗浄という作業をおこないます。

この高圧洗浄は塗装を行うのに、大変重要な作業です。

このページでは、外壁塗装の高圧洗浄についてまとめていきます。

高圧洗浄をする理由

外壁は経年によって埃や汚れなどが蓄積されており、またチョーキング現象などの塗料の劣化により、密着力が下がっています。そのため、洗浄を行わないで塗装を行なってしまうと、埃や汚れなどの上から塗装を行うので、きちんと密着しません。となると、早期の剥離や膨れの原因になり、塗装を行う意味がありません。

ケレン作業もそうですが、きちんと下地を作ってから塗装を行わないと、塗装を行う意味がなくなってしまいます。塗料を外壁などに密着させるために、高圧洗浄などの下地調整はとても重要な作業です

高圧洗浄の注意点

高圧洗浄を行うのに建物の大きさにもよりますが、半日から1日を通して行います。その際、どうしても音が発生しまうのと、水しぶきが舞ってしまいます

外壁塗装を行うのに高圧洗浄は必要ですので、どうしても避けられません。音に関しては、ご近所の方へ挨拶に行って、高圧洗浄を行うこと、音が出てしまうことをお伝えする方がいいです。

また、水に関しても近隣の窓の開閉や、洗濯物についてお伝えしなければ、近隣とのトラブルになりかねませんので注意すべき点です。

高圧洗浄ができない場合

外壁が朽ちていたり、劣化が激しい場合

下地が劣化している状態で高圧洗浄をしてしまうと更なる劣化や破損につながる場合があります。また、こうした建物は、雨漏りなど外壁やコーキングの劣化により内部へ浸水してしまうことで、建材が腐食してしまうことも考えられます。

こうした場所には高圧洗浄を行わず、コーキングを施工したり、サイディングを貼り直したり、モルタルで修復を行なったりして下地の調整を図っていきます。

錆びてしまっている鉄部

錆びてしまっている鉄部に水を当ててしまっては、さらに錆びを助長させてしまう原因になります。例え高圧洗浄で錆を除去できたとしても、洗浄の水で錆びが増えてしまう場合があります。

こうした鉄部にはケレン作業を行い、錆びを研磨などで取り除いていく必要があります。

まとめ

以上、高圧洗浄についてまとめてきました。

高圧洗浄の水は建物の水を使用をさせて頂きます。そのため、水道が必要になりますので、必ず水道が通っている状態でないと出来ないので注意が必要になります。

高圧洗浄は大切な作業ですが、音や水しぶきなどが原因で近隣とのトラブルになりやすい作業の一つです。塗装工事を行う前には事前の告知は必要ですし、特に高圧洗浄については近隣との理解や協力も必要になります。

弊社でも手紙や訪問でお知らせなどをこまめに行い、ご近所に迷惑をかけないよう、ご協力を賜われるよう事前の告知を行っております。