戸建住宅オーナー様

大切なお住まいを健全な状態で保ちましょう

戸建住宅オーナー様

大切なお住まいを健全な状態で保ちましょう

戸建外装工事の必要性

外壁塗装・防水・屋根工事を始めとする改装・改修工事は安全で快適な住まいを保つために、どうしても必要となる修繕工事です。

雨漏りやひび割れを放置しておくと雨水が染み込み、内装や家具にも影響を与えかねません。早めの点検と補修・修理が必要です。

外壁塗装は、見た目を美しくするだけでなく、遮熱や断熱などの「機能性」、劣化原因から守る「保護性」雨漏りや部材の腐食を防ぐ「防水性」など様々な効果をもたらします。このページで詳しく説明いたします

遮熱・断熱

断熱リフォームは、住宅内の温度変化によるストレスを軽減することができます。主に断熱材を屋根・天井・壁・床などの要所に追加することで、室内を快適な温度に維持します。断熱リフォームをすると、冬は暖かく、夏は適度に涼しい環境を保ちやすくなるのが特徴です

断熱リフォームはキッチンやトイレなどの水回りのリフォームのついでに行う工事から家屋全体の工事まで、さまざまな種類があります。予算や得たい効果などを鑑みて、工事の規模を検討することができます

一方、遮熱リフォームは、窓や屋根に対して行われる施工が一般的です。大きな窓の上部にひさしをつけたり、日射遮蔽部材を設置したりする方法や、屋根などに遮熱塗料を塗る方法があります。

遮熱リフォームを行えば、夏場においては室内の温度上昇を緩和できるため、省エネの効果が期待できます。

防水

屋根はもちろん、外壁のひび割れやシーリングヵ所の定期点検の補修を兼ねて塗装をします。
ビルの屋上やベランダには防水工事をすることで、ヒビ割れなどから雨水浸水を防ぎ、雨漏りや部材の腐食から建物を守り、構造部分の老朽化を防ぎます。

外壁の保護

厳しい自然環境から建物を保護するために塗膜は必要です。建物は、太陽光の紫外線、地震や台風による揺動、風雨などにさらされています。素材の表面に皮膜を作り、劣化原因から大切な建物を守ります。傷みを放置してしまうと、修繕費用がかさむことにもなりかねません。そのため、定期的なメンテナンスが必要となります。

定期的なメンテナンスと言っても、外壁がどのような状態になったら塗り替えが必要なのか、わからない方も多いのではないでしょうか。
そのような方のために、外壁塗装をおこなった方が良い外壁の劣化状況をお伝えいたします。

外壁の色褪せ

劣化進行度:低

外壁塗膜に劣化が見られなくとも、外壁が当初より色あせをしている場合は、塗り替えを検討したほうがよいでしょう。外壁の色あせは塗膜劣化が始まっている証拠でもあります。早急に塗り替えをおこなう必要はありませんが、塗り替えの目安の一つとして覚えていただくとよいのではないでしょうか。

チョーキング

劣化進行度:中

外壁を触った時に、白い粉が手についたことがないでしょうか?
実はこのことを「チョーキング現象」といいます。これは紫外線や直射日光、風雨などが原因となり、塗装の表面が劣化して起こるものなのです。このチョーキング現象を放置しておくと、外壁のひび割れやカビの発生などにまで発展する恐れがありますので、早めのメンテナンスが必要です。

塗膜の膨れ・剥離

劣化進行度:高

外壁の塗膜が膨れていたり、剥がれていたりしませんか?実はこれも外壁塗膜の劣化が原因で、塗膜の膨れ・剥離を放置しておくことで、外壁内部へ雨水が浸入しひび割れ等を引き起こす恐れがあります。

ひび割れ(クラック)

劣化進行度:高

外壁のひび割れのことを「クラック」といいます。

クラックの幅が0.3mm以下のものをヘアークラック、0.3mm以上のものを構造クラックと言い、構造クラックがある場合には、早急なメンテナンスが必要となります。

クラックを放置しておくと、そこから雨水がどんどん浸入し、カビなどの原因になる他にも住宅の強度低下の問題も引き起こす恐れがあります。

シーリング材の塗膜剥がれ・割れ

劣化進行度:高

サイディングボードの継ぎ目や窓のサッシ回りなど、シーリング部分が劣化し亀裂が生じていることがあります。

シーリング材が劣化している場合は、「増し打ち」や「打ち替え」をおこない、目地部分からの雨水の浸入を防ぐ必要があります。

美観向上

家を美しく塗り直すことは、資産価値の向上にもつながります。新築のきれいな状態に戻すことはもちろん新築時とは違ったデザインに変更して気分を一新にすることも出来ます。色・艶・平滑・凹凸模様など、色々な仕上げで新たな印象を作り出すことも出来ます。