建物の商品価値アップを図るため

商品である建物を見違えさせて、売り主・買い主双方の理想を叶えるために。

建物の商品価値アップを図るため

商品である建物を見違えさせて、売り主・買い主双方の理想を叶えるために。

売主と買主の夢の実現

建物を購入を考えていらっしゃる方の多くは、建物を購入することに不慣れなはずですので、購入金額やローンの返済の可否に関することでいっぱいになってしまいます。そのため、仲介である不動産業者様がアドバイスをすることでお客様からの信頼を得られ、後々のトラブルなどを避けられます。また、物件の売却をスムーズに行うことは売主側のお客様にとっても最大のメリットとなります。

このページでは外壁塗装をすることでの売主樣、買主様へのメリットをご紹介していきます。

中古住宅の外装の必要性

建物を購入した時、予算を組む時に建物の購入と内装の費用に充てることが多くなります。これは建物をすぐに使用できるように内装リフォームを行うことが挙げられます。外装に関しては購入した時のまま使用するか、酷く損傷した箇所のみを直すだけという方が多いそうです。

しかしながら、建物の外装部分に関しては、建物自体を保護するために重要な役割を果たしております。

塗装を例に挙げると外壁などを塗膜が覆うことで紫外線や水などから保護する機能があります。

【施工前】
【施工後】

こうした塗装などのメンテナンスを定期的に行うことで建物は長く使用することができます。

逆に言えばメンテナンスを怠ってしまうことで建物の耐久年数は短くなってしまいます。

せっかく購入した建物ですから長期的に使用したいはずです。

購入した建物が数年としないで雨漏りが発生してしまったというトラブルもあり、きちんとメンテナンスを行うことはとても重要になります。

中古住宅の購入に関すること

中古住宅の購入後、購入した建物が数年で雨漏りなどの不具合が発生してしまった事例があります。せっかく購入した建物に不具合が出てしまうと想定外の出費が発生してしまいます。

こうしたことを防ぐために、きちんと建物の状況はきちんと把握しておくことが大事になります。

売主様、不動産業者様の両方で築年数や前回塗装の年数をきちんと把握して、建物に関する資料はまとめておくと売却の際にスムーズに情報の共有ができます

この情報は買主様にとっても重要な情報になります。今後使用する建物がどんな状態であるのかきちんと聞いておくことで今後のメンテナンスの目安になります。長く建物を使用するために、定期的なメンテナンスは重要になります。外壁塗装は10年に一度が目安と言われております。定期的な塗装などを行って、なるべく長く建物を使えるようにしましょう。

 

弊社では別サイトにて住宅などを取り扱ったHPもありますので、劣化状況や住宅の施工事例は、そちらもご参照ください。

   ≫株式会社ヨシオカ HP

中古販売の売却に関すること

売主の方は様々な事情で建物を売却する決定をします。住み替えによる売却、相続により使用する人がいないので売却をする場合や、なかには住宅ローンの支払いが滞ってしまい止む無く売却をする方もいらっしゃいます。様々な理由がありますが、ほとんどの方が早く売却をしたいと考えてらっしゃると思います。前項でお話しした管理の面でも大変ですし、維持するために固定資産税などの金銭面もかかってきてしまいます。そうしたコストなどを考えて、建物の中古販売はなるべく早く済ませることで労力や経済に負担をかけずに済みます

しかしながら、現在中古の建物の需要が減りつつあります。昨今では持ち家を持たず賃貸に住まわれる人も多くなりましたし、新築の値段も金額が抑えて購入ができるようになりました。また、レンタルオフィスといったサービスも開始されていることから、必ずしも建物が必要ではなくったことが挙げられます。こうした理由から建物の中古販売市場は好調ではありませんし、少子高齢化が進めば空き家が増えていくことになり、供給過多になってしまう恐れが出てきてしまいます

もしもそうした現状で、どうすれば差別化を測れるかということで、外装や内装工事を行うことで見た目や機能性を向上させて販売する方が増えてきました。

どうせ売ってしまうからと放置してしまっては売れ残ってしまう可能性が高くなってしまいます。買主側も購入した建物をすぐに使いたいという気持ちがあるでしょうから、リフォーム済みの物件については差別化が行えます。