工場企業様(3)

美しい工場で社員のやる気を

清潔感があり快適な職場は社員のモチベーションにつながります。

美しい工場で社員のやる気を

清潔感があり快適な職場は社員のモチベーションにつながります。

工場や倉庫のメンテナンス

製造業や配送業といったビジネスに、欠かすことのできない設備である工場や倉庫。そんな工場や倉庫は、ビジネスの土台を支えていると言っても過言ではありません。ただ、何年も稼働させていると、どうしてもガタがきてしまうものです。

そんなときに実施したいのが改修工事やリフォーム、メンテナンスですが、工場や倉庫の改修工事やメンテナンスはそう頻繁に実施するものではないため、
「どう進めていいかわからない…」と頭を悩ませてしまっている企業様も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、工場や倉庫の改修工事を検討している企業様向けに、工場や倉庫の改修工事について詳しく紹介していきます。

改修工事をおこなうべきタイミングの見極め方についても解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

修繕のタイミング

改修工事のタイミングについて明確な決まりはありませんが、耐用年数が過ぎている場合、劣化症状が出ている場合で見極められます。

耐用年数をすぎてしまっている場合は改修工事の実施を検討するべきだと言えます。

工場や倉庫の各設備の耐用年数の目安については以下のとおりです。

            

 

 屋根材:15~20年

 外壁塗装:10~15年

 屋外の防水加工:10~15年

 上記の耐用年数は使用されている建材や塗料、環境によって異なるためあくまで目安でしかありませんが、上記の耐用年数をすぎてしまっている場合は、
改修工事やメンテナンスの実施を検討したほうがよいでしょう。

また、15年以上メンテナンスを行っていない場合も一度専門家に相談してみた方がいいと思います。

そして耐用年数よりも意識して見ていただきたいのが、建物から出る劣化のサインです。

「雨が降ると雨漏りが発生する」「外壁に触れると手が白くなる(チョーキング)」「外壁にヒビ割れが発生している(クラック)」「工場や倉庫の中が暑い」

雨漏りが発生すると、工場や倉庫内の設備や商品などに被害が生じてしまう可能性がありますし、チョーキングやクラックは外壁の劣化のサインですので、早急に対応する必要があります。

特に劣化しているわけではないものの、工場や倉庫の中が暑いという場合は、遮熱塗料での外壁塗装を実施するなどして熱中症対策を実施する必要があると言えるでしょう。

工場や倉庫内には大切な機材を守るためにも、早めの修繕が大事です。

メンテナンスを行うメリット

工場や倉庫の改修工事やメンテナンスは決して安いものではありません。

安くても数百万円、工場の規模によっては数千万円かかることもあるでしょう。

しかし、仮にそれだけの費用がかかるとしても、耐用年数がすぎてしまっていたり、
劣化が見られたりするのであれば、できるだけ早く改修工事やメンテナンスを実施するべき理由について解説していきます。

資産を守る

工場や倉庫には、企業にとって資産となるものが数多く設置・保管されています。

たとえば、工場には業務に使用する数百万~数千万円する機械が導入されている場合もありますし、倉庫であれば、自社の製品が保管されているのはもちろん、ユーザーやクライアントの製品が保管されていることもあるでしょう。

万が一、改修工事やメンテナンスを先延ばしにして、これらの資産に被害が出てしまった場合、改修工事やメンテナンスにかかる費用以上の損害が発生してしまうことになりかねません

そのような事態を引き起こさないためにも、工場や倉庫の改修工事やメンテンナスは、適切に実施する必要があると言えるわけです。

企業のブランドイメージを守る

工場や倉庫の改修工事には、「企業のブランドイメージを守る」という役割もあります。工場や倉庫と聞くと、雑多であまり清潔感のない建物をイメージする方も多いかと思いますが、
最近の工場や倉庫は、内観だけでなく外観についても洗練されているものが多くなっています。それは、ビルや店舗だけでなく、工場や倉庫もその企業の顔になる建物だからです。

改修工事やメンテナンスをおろそかにしてしまっている場合、外観を気にしない人がいる一方、「あんな工場で作られた商品は購入したくない」「あんな倉庫に保管されている製品は購入したくない」と考える人がいたとしても不思議ではありません

一方、定期的に改修工事やメンテナンスを実施してきれいな状態を保っておくことができれば、逆にブランドの評価を高められる可能性もあります。

それぐらい、工場や倉庫の「見た目」は重要な役割を担っているわけです。

コストカット・従業員がより働きやすくする

改修工事やメンテナンスをおこなって工場や倉庫が少しでも綺麗になれば、それだけで従業員のモチベーションは上がりますし、不具合やトラブルを解消することができれば、その不具合やトラブルに悩まされることがなくなり、日々の業務に集中できるようになります。

また、工場や倉庫の中は気温が高くなってしまいがちですし、最近の夏場の気温は、簡単に熱中症を引き起こすレベルになってきているため注意が必要です

その場合も、太陽光を反射させる遮熱塗料を工場や倉庫の屋根や外壁に取り入れることで、建物内の気温の上昇をある程度軽減できるようになり、従業員の働きやすさの改善や向上につなげることができます。

工場や倉庫は面積があるため電気代も高くなってしまいがちですが、遮熱塗料を導入すれば、その電気代を抑制できるようになります。

月に節約できる金額は少額かもしれませんが、長い目で見た場合は結構な金額になりますので、コストを削減するためにも、改修工事やメンテナンスを実施するべきだと言えるわけです。

Factory

工場企業様

Coating floor

塗床

Water resistant

防水