美しいマンションで入居率向上へ

リフォームでまるで新築のように。美しい建物は素晴らしい入居者様呼び寄せてくれます。

美しいマンションで入居率向上へ

リフォームで輝きを蘇らせる。美しい建物は素晴らしい入居者様呼び寄せてくれます。

入居率・利回りアップの実現

資産形成のために不動産投資をはじめたものの「管理業務が大変」「設備故障費用」「入居者様トラブル」など悩みは尽きないものです。

オーナー様から、様々なお悩みがあげられる中、特に多いのは「入居率の低下」です。人口の減少により、2008年頃から賃貸物件数に対しての借り手の減少が問題になっております

そんな状況下で入居率をアップするために効果的なのが外壁塗装による”外装リフォーム”です。このページでは、なぜ外壁塗装が入居者アップ、利回りアップに関係するのかご紹介していきます。

空き室率の推移と予想

外壁塗装の必要性

戦後から90年代まで続いた経済成長、一部屋に一つが当たり前の空調装置、次々と発売される便利で高機能な住宅設備、高気密・高断熱が基本の現在の住宅、昭和~平成と時代が進むにつれ、住環境は劇的に良くなりました。

日本の住宅の寿命は30年未満という統計があります。基本的に日本には古い家というのは存在しないのです。
恵まれた住環境に慣れてしまった今、恵まれていない・またはそのように見える古そうな物件に住みたくないのは当然のことです。

「人は見た目が9割」なんて言葉があります。これについては賛否両論ありますが、人間は物事を判断するのに8割以上視覚情報に頼っているといわれておりますので、あながち間違いではないようです。そのため見た目はかなりのウェイトを占めるのです。これは住居などの建物にであっても同じです。

もちろん和風が好き、洋風が好き、など好みは分かれますが、いずれにしても共通なのは綺麗に清掃され、清潔に見える方が圧倒的に好まれるということです

資産価値の維持とお家賃の維持

定期的に外壁塗装がなされており、錆やチョーキングも発生しておらず、どこを取っても建物として健全なアパートやマンションなどの貸し店舗などの賃貸物件か、建てられたままでただただ年月だけが経過してしまった賃貸物件。どちらが魅力的でしょうか。建物として健全であり、快適に生活できたり、過ごせる空間の方が資産価値が高いのは当たり前です
お家賃も高めに設定しても空き室率が上昇することもないでしょう。定期的にメンテナンスしていれば、お家賃も維持できます。売却するとなった時もかなり有利です。

【チョーキング現象】
【劣化による錆】

外壁塗装でできること

近年は塗料の進化が凄まじく、塗り替えるだけで夏場の室温を低下させる遮熱塗料、夏は涼しく・冬は暖かくといった断熱塗料が一般的となりました。
こういった塗料で塗り替えれば入居者様は大変、喜びになられるでしょう。入居者様は光熱費を削減できますからメリットが大きいのです。
環境に考慮しているということで、イメージアップにも繋がります。

経年によって古ぼけてきた建物は外壁塗装でリフレッシュできますし、イメージチェンジすることも可能です。空き室率を低下させ、入居率をアップし、収益力と利回りを回復させる解決策が外装リフォームなのです

外壁塗装であれば、現在入居中のお客様も普段と変わらずお過ごしいただけます。