外壁の種類〜サイディング〜

サイディングは、窯業系、金属系、木質系、樹脂系、の4つに分類することができます。

4つのサイディング全てに共通している特徴としては、「サイディング自体は工場で生産するため、品質が安定していること」「施工が簡単な為、後期を短縮でき、施工費も抑えられること」です。

(1)窯業系サイディング

窯業系サイディングとは、セメント質と繊維質などの原料を板状に形成したもので、近年の住宅でもっとも多く使用されており、70〜80%のシェアを誇ります。コスト・機能性・デザイン性など、他の外壁材と比較しても総合的に優れていて、色柄も豊富、施工も比較的容易なのが人気の理由です。

セメントベースの硬い素材なので衝撃や地震などの揺れにも強く、優れた防火性で火も燃え移りにくいので、例えば都心の密集地でも使用されています。

(2)金属系サイディング

金属系サイディングとは、金属板を成形・加工して柄付けし、断熱材で裏打ちした外壁材です。

表面の金属板には溶融亜鉛メッキ銅板・ガルバリウム銅板・アルミニウム合金・ステンレス銅板などが使用され、金属板の種類によって耐久性やコストに大きな差があります。外壁材としては軽量なので、躯体への負担が少なく、モルタル外壁の重ね貼り(カバー工法)にも使用されます。

寒暖の気温差で劣化が起こる「凍害」に強いのが大きな特徴です。

モダンな外観にぴったりで、他の素材にはない、スタイリッシュなデザインです。

(3)樹脂系サイディング

樹脂系サイディングとは、塩化ビニル樹脂が使用されたサイディングで、重量は窯業系サイディングの約10分の1と非常に軽量です。耐久性や耐候性に優れていて寒さや酸性雨にも強く、ひび割れしにくいのがメリットです。また表面塗装ではなく顔料が練り込んであるため基本的に再塗装は不要と言われています。

オープンジョイント工法を採用しているため、サイディングの短所になるつなぎ目のコーキングも不要なので、メンテナンス性が非常に高いのが最大の長所です。

ただし、耐火性がなく、単色でカラーバリエーションが少ないのが国内で普及しない理由とも言われています。北米では約50%のシェア率を誇っています。

(4)木質系サイディング

木質系サイディングとは、素材に無垢の木材を使用したサイディングです。多くは、表面に塗装を施してあるのが一般的です。このサイディングは木材を使用しているため火や、強度に不安を抱くかもしれませんが、現在は無垢の素材に不燃処理を施すことで、防火性や耐火性、耐久性を備えるものが増えています。

また、木質サイディングのメリットは断熱性に優れ、自然ともよく調和して、木の温もりを感じて暮らせる点です。対してデメリットは、メンテナンスコスト他の外壁材よりもかかる点になります。