外壁の種類〜コンクリート〜

コンクリート

コンクリートは、セメントに「水・砂・砂利」を調合し、混ぜ合わせた建材です。コンクリート外壁は、コンクリートを型枠に流し込んで形成した外壁で、どのような形でも施工することが出来る特徴があります。一般住宅におけるコンクリートのシェア率は非常に少なく、2%程度です。

モルタルとの違いは、コンクリートは「セメント+水+砂+砂利」で作られており、砂利が含まれているため、見た目に荒さが出てきます。一方モルタルは「セメント+水+砂」で作られており、表面の仕上がりに細かさがあります。

また、コンクリートは砂利が入っていて、セメントの比率が高い為、モルタルより強度が高く、ヒビ割れが起こりづらいです。

下記でメリットとデメリットについて詳しく説明していきます。

コンクリートのメリット

・コンクリートを流し込んで固めているので、木造に比べ気密性が非常に高いです。

・熱を蓄積する性質があり、外側に断熱材がある場合は、コンクリートに蓄熱された暖かさや冷たさを逃がさず長時間保つことが出来ます。

・木造に比べて防音性と遮音性に優れています。

・30~50年の耐久性があり、とても長持ちするので、メンテナンスの頻度が少なくて済みます。

・組み立てる際の型枠が無い為、曲面の外壁を作ることも可能で、デザイン性の自由度が高いです。

・木柱が必要ないので、室内空間を広くすることが可能です。

コンクリートのデメリット

コンクリートは、現場で施工を行うため、施工業者により品質にバラつきが出ます。また、固まってからではないと次の工程に進めない為、木造や軽量鉄骨造と比較すると、工期が長くなります。

他の外壁材に比べるとかなり重さがある為、強い地盤が必要です。地盤が弱い場合は、地盤改良工事を行います。

築3~5年は、水分が完全に抜けきらないので、結露が発生しやすく、カビや藻が生えやすいので注意が必要です。

コンクリートの性質として、圧縮する力には強いですが、引っ張る力には弱いといった性質があります。その為、ヒビ割れが発生しやすい特徴があります。

コンクリート塗装の種類

【弾性塗料】耐久年数:7〜20年

下地にヒビ割れが起きても塗膜が追随します。そのため、ヒビ割れを表面化させない効果があり、雨水の侵入を防ぎます。

【撥水剤】耐久年数:3〜7年

比較的安価で雨水の侵入を塞ぐことができ、打ちっぱなしコンクリートに使用する場合は、風合いをそのまま残せます。

【クリヤー塗装】耐久年数:5〜15年

風合いをそのまま残すことが出来ます。撥水剤よりも耐久年数が長いので、長期間の間、外壁を保護することができます。

【コンクリート描写再現工法(G-PFシステム工法)】耐久年数:10〜15年

特殊な工法で光触媒とフッ素を塗る為、クリヤーと違って新品の様な仕上がりになります。打ちっぱなしのコンクリートの風合いを残して、補修痕を消すことができるので、美観性に優れています。