養生

養生とは建築現場で行われる作業の一つです。塗装を行わない場所に養生を行うことで建物を保護したり、周囲への安全を守ったり、塗装をきれいに仕上げるうえでとても重要な作業です。

このページでは養生の役割や種類について書いていきます。

塗料や汚れなどからの保護

外壁塗装で扱う塗料は液体ですので予期せず飛散してしまうことがあります。地面や通路、窓ガラスなど施工を行わない場所などに養生を行うことで塗料の付着を防ぎます。また、飛散防止ネットを使うことで近隣へ塗料や洗浄の水が飛ぶのを防ぐ働きがあります。こうした塗料などの飛散を防ぐことが養生の一つの目的です。

きれいな仕上がりにするため

塗料は液体ですので、どうしても液だれしてしまいますし、建物の塗装ですべてをはみ出さないように施工を行うことはとても大変な作業になってしまいます。

これは塗料に限らず、目地などを施工するコーキングにも行う作業で、コーキングを施工する場所からはみ出さないようにマスキングテープを張り付けることではみ出すのを防いで、きれいな仕上がりにしています。

養生の種類

飛散防止ネット

飛散防止ネットは足場の周りを覆っているネットのことです。

飛散防止ネットは、施工を行っている近隣へ塗料が飛散するのを防いでくれます
塗料は液体なので飛び散ってしまい、近隣の建物や車などへ、近隣へ迷惑を掛けてしまうおそれがあります。そうしたトラブルを未然に防ぐために飛散防止ネットで塗料が飛ばないよう防いでいます

マスキングテープ

細かい個所の養生にはマスキングテープを使って塗料のはみ出しなどを防ぎます。

真っ直ぐな仕上がりにする時やコーキングのはみ出しを防ぐのに使用することで、きれいな見た目に仕上がります。

マスカー

窓やガスメーターなどをカバーするのに使います。開口部分には原則として養生を行い、窓ガラスやサッシへの飛散を防ぐようにします。また、破損した部分への応急処置としても使用することがあります。

室外機カバー

エアコンの室外機も汚れないように養生を行いますが、密閉をしてしまうとエアコンが使えなくなってしまいます。そのため、室外機に被せるだけでいい室外機カバーをというものがあります

マスカーなどで養生をする会社もありますが、きちんと密閉しないように養生をすれば塗装中であってもエアコンも使用できます。

カーシート

車に被せるカーシートというものがあります。

施主の方の予定は様々ですので、車が駐車場にある時に塗装を行うことがあります。もちろん車に塗料が飛散しないよう養生を行いますが、マスカーなどで養生を行ってしまうと動かせなくなってしまうので、カーシートを使うことで簡単に着脱を行えます。

まとめ

以上、養生についてまとめてきました。

施工が完了して、お引き渡しをする建物は塗装が終わり綺麗な状態に見えますが、細かい場所ではみ出しや塗料の飛散が多くては綺麗な仕上がりとは言えません。

塗料を塗るだけが塗装工事ではなく、養生も大変重要な作業の一つです。

弊社でもきちんときちんと養生を行い、トラブルがなく、綺麗に塗装された状態でお渡しできる高品質な工事を心掛けております。