外壁塗装のタイミング

周りのお家が塗装工事を始めたり、汚れが気になるなど外壁塗装を考える要因は様々だと思います。

  • しかし自分の家ももう塗装工事を行った方がいいのか?
  • どんな時に塗装をした方がいいのか?
  • そもそも本当に塗装は必要なのか?

と疑問に思う方は多いと思います。
ここでは外壁塗装の必要性・劣化の症状をお伝えします。

外壁塗装の必要性

一般的には、外壁塗装を行うタイミングは築10年前後と言われています。
なぜ10年前後なのかというと、新築時に使用した塗料の寿命が切れるころだからです。

外壁材や屋根材は工場の製造過程で塗装が施されますが、その際に使用される塗料は「アクリル塗料」や「ウレタン塗料」など安価な塗料が使用されており、アクリルやウレタン塗料の寿命が4~10年前後となっていることが「塗り替えの目安は築10年前後」と言われる要因です

では塗料の寿命が切れたらどういったことが起こるのか?ということを説明いたします。

建物の美観を保つ

外壁は日々紫外線や雨風に晒され色褪せや汚れなどで美観が損なわれていきます。

外壁塗装を行うことで見た目が綺麗になるのはもちろん、今までと違う色で塗り替えを行うことによって周りからの印象を変えることができます。

建物の保護

車にワックスやコーティングをかけてボディを守るのと同じように、建物も外壁塗装を行って塗膜を作ることによって建物自体を紫外線や雨風などのダメージから守ることができます。

もし劣化症状が出ていても放置してしまい、建物内部や躯体にまで影響が及んでしまうと外壁塗装だけではなく屋根や外壁自体の張り替えなど余分な費用がかかってしまう可能性があります。

防水機能の維持

外壁塗装を行う必要性として、上で挙げた2つも重要ですが、もう1つ、塗料には建物の防水という大事な役割を担っています

新築時に使用した塗料の寿命10年前後で切れるということは、塗料の寿命が切れる、つまり塗料の機能が失われるということになります。

塗料の機能が失われると防水機能が低下し、外壁材や屋根材に湿気を帯びるようになり、劣化が急激に進行してしまいます。

特に日本の住宅は80%が窯業系サイディングボードを使用しており、窯業系サイディングボードには防水機能がほとんどなく、それをカバーしているのが塗料による塗膜です。そのため塗料の機能が失われてしまうと雨水の侵入を防ぐことができなくなってしまいます

塗装を行うべき劣化症状

10年前後で塗料の機能が失われると言っても、立地条件や使用された塗料によって寿命は様々で自分のお家の状態がどうなのかわからない方も多いのではないでしょうか。

建物の劣化はある程度自分で知ることができるので、次は建物の劣化症状を挙げていきますので、気になる方はセルフチェックを行いましょう。

外壁・屋根のチェックポイント

汚れ・藻・カビ

施工前の写真を見ていただくとわかるように、汚れや藻・カビは太陽が当たりにくい場所に発生することが多いです。

外壁が劣化すると、外壁は水を弾かず保水性を持つことになります。その保水性が、藻やカビ、また、大気や雨にある汚染物質を付着しやすくさせます。

美観は損なわれますが、早急に塗装が必要というレベルではありません。

外壁の色褪せ

色褪せが発生する主な原因は太陽光の紫外線による影響で発生するため太陽光が良く当たる場所に発生します。

風や雨、特に酸性雨などが主な原因として挙げられ、塗膜の表面が劣化しているサインです。

こちらも早急に塗装が必要というレベルではありませんが、劣化が始まっているということではあるので、塗り替え目安の1つとしてお考え下さい。。

チョーキング

外壁を触ると手に粉が付着する現象です。

これも主な原因として紫外線が挙げられ、紫外線によって塗膜が分解され粉状になって表面に出てきている状態です。

チョーキングの発生は塗膜が劣化しているサインで、典型的な塗り替えの良い目安と言われています。

クラック(ひび割れ)

モルタル外壁の場合に多く発生します。

強風や地震などの揺れや振動によって発生し、また施工不良によって生じる場合もあります。クラックの大きさにもよりますが、クラックから雨水が浸入し内部に影響を及ぼす可能性もあり、特に窓付近にできたクラックは漏水(雨漏り)に繋がることもあるので注意が必要です。

膨れ

塗装後発生したひび割れから水が浸入した場合や、雨や結露で濡れた状態のまま塗装を行うなど乾燥が不十分のまま施工した場合などで発生します。

熱を吸収しやすい色を採用した場合なども膨れてしまうことがあります。
膨れが破れると、破れた場所から更に水が浸入し塗膜を剥がしてしまうなど剥離に繋がることもあります。

まとめ

外壁塗装を行うタイミングは劣化状況や築年数によって変わってきます。そのため、気になる症状が出たとき、築10年前後を迎えたタイミングで業者に診断を依頼しましょう。

「大きな外傷もないし漏水もしてないから大丈夫だろう」と放置してしまうと、塗装以上の費用がかかってしまうこともあるので、「塗装は塗装だけで済むうちに」ということを念頭に置いておきましょう!

外壁塗装のお見積り・ご相談は一切無料です。
まずはヨシオカの外壁無料診断をご利用ください。