塩ビシート機械固定工法

下地の上に塩ビシートを貼り付けて防水処理を行う工法です。シートなのでウレタンよりもメンテナンスが少なくなります。

機械固定工法とは、接着剤を使用しないで、防水シートと下地とを固定ディスクを使って貼り付ける工法です。下地の影響を受けにくい分、下地処理を行わないで済みます。また、ディスクでの接合のため、安定して長期間の接合が期待できます

メリットデメリット
  • 固定ディスクを使用するので、長期間の接合が期待できる。
  • 下地の影響を受けにくい
  • 雨などでも施工できるので、工期が短い
  • 補修が比較的容易である
  • ウレタン工法よりも高い
  • 施工時に振動と音がする
  • 複雑な形状の場所には不向き
  • 外部損傷に弱いので、こまめな管理が必要

① クロスを敷く

塩ビシートのみだと、中に元々あった湿気が逃げないので、シートと下地の間にクロスを敷いて、密着性を高めます。

② 銅板取り付け

銅板を取り付けていきます。

③ ディスク取り付け

マットの上の印の部分を目安にディスク盤を取り付けていきます。このディスク盤がシートと溶接される部分となります。

④ 改修用ドレン設置

ドレン部分を施工する。改修用ドレンについては、別ページを参照ください。

⑤ 塩ビシートを貼り付け

塩ビシート同士の継ぎ目を、専用の接着剤で接着します。

⑥ 継ぎ目を溶接

継ぎ目から水分が入らないようシートの間を溶接していきます。漏水してしまっては防水の意味がなくなってしまうので、隙間なく行います。

⑦ 立ち上りの溶着

シートの継ぎ目同様、水が入る恐れのある場所なので、入念に行っていきます。

⑧ 機械で溶接を行う

機械で熱を与えて、取り付けたディスクと塩ビシートをくっつけていきます。

⑫ 施工完了

外壁塗装のお見積り・ご相談は一切無料です。
まずはヨシオカの外壁無料診断をご利用ください。