FRP工法

FRPとは繊維強化プラスチックのことで、ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックです。船や自動車などにも用いられることもあり、強度・耐水性・成型性が優れています。継ぎ目がないので、仕上がりが綺麗な状態になります。施行中は臭いがあり、臭気対策は必要ですが、硬化が早いので工期は早く済みます。

メリット デメリット
  • 工期が早い
  • 屋上駐車場などにも使用されるくらい耐久性がある
  • 継ぎ目がないのでシームレスな仕上がりになる
  • 複雑な形状の場所にも施工できる
  • 摩耗性があり、剥がれにくい
  • 値段が高い
  • 施工中に臭気がある(施工2〜3日ほど)
  • 建物によっては向いていないものがある
  • 紫外線に弱いので、トップコートを定期的に塗る

① 前防水の撤去・下地処理

前回施工された防水を撤去していき、下地を調整していきます。

② プライマー塗布

ローラーを使って、プライマーを塗っていきます。

③ ガラスマットを敷く

防水の機能を上げるため、ガラスマットを敷いて施工を行ないます。

④ 防水塗料下塗り

ガラスマットの上から防水材を塗布していきます。

⑤ 防水塗料中塗り

さらにガラスマットを敷いて、その上から塗装を行ないます。

⑥ トップコート塗布

最後にトップコートを上から塗布して完了です。

⑦ 施工完了

外壁塗装のお見積り・ご相談は一切無料です。
まずはヨシオカの外壁無料診断をご利用ください。